流線型の阪急電車-その6

 

今のところ予定通り月産2輌のペースは守っています。

5日目のその1です。

最末期の姿を再現するためにランボードを取り付けました。

.

屋根上のパイピング等はわからないために過去の作例などをもとに工作しました。

.

手すりは近鉄予備特を同じく簡易表現です。ドア上の雨どいと扉知らせ灯を取り付けた塗装にかかります。

5日目その2につづく

カテゴリー: 実車・私鉄電車・関西, 模型 鉄道, 16番 1/80   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">